肌 悩み 陥没

陥没している肌の悩み

私の顔は、月のクレーターみたいに肌の表面が凸凹しているんです。
これには、本当に鏡を見る度、がっかりするし、落ち込みます。
こうなってしまった主な原因は2つあります。

 

1つ目は、水疱瘡です。

 

水疱瘡って早い人では1歳代に免疫が切れた頃にはかかる様ですが、私の場合、中学生になってからかかりました。
そのため、とても症状が重くて、発疹もぼつぼつに出たんです。
小さい頃かかるか、ワクチンを打っていればなぁ、と思わずにはいられません。

 

水疱瘡自体は治りましたが、その後、肌にまるでえぐられた様に、陥没が出来てしまいました。
それは、水疱瘡の吹き出物の痕です。
目の周り、目立つほっぺにも大きい物で5ミリ位のまるめの陥没があり、見るのがつらいです。

 

そして、2つ目の肌の悩みの原因は、ニキビです。

 

思春期の頃、ただでさえ、水疱瘡あとが酷くて、顔にコンプレックスがある所に、ぼつぼつとニキビができ始めました。
私は、特にニキビができやすい体質の様で、そのうち、顔中ニキビでぼつぼつになり、すっかり赤ら顔になってしまったのです。
ニキビは治っても、しみのように赤ら顔のままで、本当に恥ずかしいので、毎日必死でメイクしています。

 

 

季節の変わり目は肌質の変わり目

暖かくなってきて、天気も良い日が増えてきました。
日中、ファンデーションのノリに違いを感じてきまして困っております。

 

今までは脂が多めでテカり防止の為に脂取り紙などが欠かせませんでしたが、ここ最近は粉が吹きやすく、ミニボトルに化粧水などを入れこまめに潤いを与える事が多くなってきました。

 

春先になり、何故か乾燥が酷くなってきたのです。
もちろん寝る前の化粧水、乳液、保湿クリームは欠かしていませんが朝にはカピカピ、つっぱり気味ですね。

 

なので乾燥専用クリームや保湿効果が高めのクリームを追加したり、化粧水の持ち歩きなど少々ケアの仕方が変わっています。
また梅雨を迎える頃には新たな悩みが増えケア用品も衣替えしているかもしれませんね。

 

季節の変わり目は体調に変化も起きやすいですが女性の方はフェイス状況も再度見直しが必要かもしれません。
その都度、自分の悩みに合ったケアを心掛ける事が大切だと年を取るごとに痛感している今日この頃なのでした。

page top